読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PAULER

関西の大学生が「気になるブログ」を目指しているようです。

花粉症が美容院へ行くとマズいことになる

blog

f:id:paulman7:20170322190631j:image

こんにちは、Kenです。

僕は重度の花粉症なのですが、この時期に美容院へ行くのがどうしても躊躇われます。

何故かと言うと、「ただでさえ鼻がムズムズしているのに、切った髪の毛が顔にかかるとさらにムズムズして耐えられなくなるから」です。

 

考えてみてください。

髪の毛があちこちに落ちている、または自分の胸元や膝元に髪がある状態でくしゃみをしてしまうと…

 

 

吹っ飛ばしますよね

あたりは黒い竜巻状態。

一面髪(神)景色。これは面白くないな…

 

実際にやってしまったことがあるのでかなりのトラウマです…

 

鏡やハサミなどの道具に髪がかかるわ、となりのお客さんまで被害を被るわ、美容師さんには苦笑いされるわでもう大変。しかも自分は客の立場なので掃除を手伝おうとしても美容師さんに断られ、さらに申し訳なくなります。

どんだけ凄いくしゃみをするんだと思われるかもしれませんが、髪の毛って結構弱い風でもすぐ飛んで行くので、極力くしゃみを抑えても飛んでしまうのです。…

 

切っている時だけが心配なのではありません。

そう、シャンプー中もずっと鼻のムズムズに耐えなければなりません。

 

僕が今よく行く美容院では、シャンプーをするときはフェイスマスクのようなものをつけてくれます。なので、マスクの下でどんな顔をしようが美容師さんには見えません。

もちろんくしゃみを必死で耐えている悲惨な顔も。

しかしどうしても耐え切れないときだってあります。

マスクの下でくしゃみをしてしまい、マスクが3cmほど跳ねます。非常に恥ずかしい。

でもこれはまだマシなケースです。

 

以前に通っていた美容院では、フェイスマスク無しで美容師さんとよく目が合うシャンプーでした。

そんな状況でくしゃみを我慢すると、まるで美容師さんに向かって変顔をしているのと同じことなのです。

かといって遠慮なくくしゃみしてしまうと、美容師さんに唾を飛ばしてしまいます。

 

 

まさに地獄

なぜ髪を切ってもらいに行くだけであんなに精神的に疲れなければならないのか。

花粉が恨めしい毎日です。